fc2ブログ

03 | 2024/04 | 05

アルバム「miss you」を聴いて(1) 

みなさまお久しぶりーふ。

アルバム「miss you」発売から1ヶ月以上が経ちました。
ざわついてたね、みんな。
Mr.Childrenファン史上最も優しいざわつきだったんじゃないかな。

私は先行配信の「ケモノミチ」を聴いたとき「えっ、、」て言葉を失いました。
miss 言葉です。
これが動揺するってやつだなと。

だってロックバンドとは思えないサウンドでしたから。
最近ちょっと出過ぎかと思うくらいあった、
生々しいドラムの音が皆無でしたからね。

この「ケモノミチ」がリード曲だと?
こういうサウンドでいくんですか、そうですか、、。
新しいアルバムへの不安が押し寄せる。
Mr.Childrenファン史上最も優しい落胆。

それが初聴の印象だったと思う。

でも何度か聴いてたら、
アリーナクラスで演るようなアレンジの幻聴が聞こえてきたんです。
じぇんさんの生々しいドラムが聞こえてくる。
ストリングスもあり壮大な曲だ。

こんなに壮大にできる曲なのに、音源は寂しい。
ものすごく寂しい。孤独感。
悲痛な嘆きで心をゆさぶる。
ネバーエンディングストーリーの泥沼みたいなとこ一人で歩いてる感じ。

詩を読めばSNS社会のことだと察しがつく。
そうですね、この内容でいつものモンスターアレンジは違いますよね。
孤独感の中にも、知らない誰かの叫び声があちこちから聞こえてくるような。
これを主題歌に映画撮れそうな感じ。

というわけで、必然なアレンジだなと落ち着く。
ライブではこの幻聴に近いサウンドで聴けるのではとも思う。

しかしアルバムタイトルが「miss you」ですよ。
この路線まっしぐらな予感するじゃないですか。
アルバムは覚悟する。


あー!
予定外にケモノミチを語ってしまい、今日書こうと思ったとこにたどり着かなかった…。

でもお腹空いたのでこのへんで。
2が書けることを願いつつ、
では、股。

ap bank fes '23 

暑中お見舞い申し上げます

皆様お元気ですかぁ?
7月のap bank fesからそろそろ1ヵ月。
来月には夏のじぇん様のお姿が映像で見れるのかしら。
(あえての様呼び)

ap bank fes、私は3日券をとって臨みました。
レポートには「がっつかないので意外といけました」なんて書きましたが、
取得したチケットは立ち見エリアです。
見たいライブだけ見て、あとは日陰で涼みながら漏れ音を楽しむスタイル。

初日は朝からヒザを痛めていたせいもあり、
終演後には足が限界に近く、

なんで3日券取ってしもたんや…
あほか…ワイはあほか…

とプチ後悔もしましたが、アイシングのおかげで翌朝にはほぼ回復。
製氷機のあるホテル、好き。

ライブが15時からで短かったおかげかな。
2日目、3日目と徐々に体調が良くなる不思議。
普段の冷房室でのPC仕事が、よほど不健康な作業ってことでしょう。
3日券とれて良かった!と最終的にはなりました。

夏もできるだけ外を歩いて汗をかこう。

そう思って帰ってきた大阪。
あれから散歩さえしてないな……

やっぱり「思って」ただけではあかんわ。
せめて「誓って」帰ってこないとね。
そんな気安く誓えないわたくしです。

というわけで、また書きます。
みなさま良い夏をお過ごしください。

みすちび

summer202308.jpg

en3.5セットリストの音源ドラマー 

いまだにen3.5をこねくり回しているみすちびです、こんばんは。

DTR(仮)を聞いてからいろいろ気になることがあって、
稲ソロ音源のドラマーを調べました。

ついでにまた音源をセトリ順に聴きながら。
音源とじぇんさんのドラムを比べるのもとっても楽しい!
(記憶の範囲ですが)

みなさんもきっと気になっているだろうから、まとめ画像を掲載しておきます。
主にウィキで調べたので間違っていたらごめんなさい。

en35drums.jpg

なるほどなぁ、
この曲だったら、たぶんここのこと言ってるんだろうなぁ…
とか思いを馳せながら飲むコーヒーは最高です。

en3.5の映像化まだかなぁ。
なんならもう一度やってくれてもいいくらい。

お待ちしています!

ライブでの両腕上げて前後に振る運動について 

久しぶりに書けそうな気がしたので書いております。


ライブで両腕上げて前後に振る運動について。
手は指さしの人もいれば、パーの人もいます。
中にはグーの人もいるし、稀にチョキの人もいるでしょう。

私自身は手振りなどはしないタイプですが、
周りの人がやっていても何も思わないし、
合わせてやらなきゃとも思いません。
お互い自由に楽しみましょうという気持ちです。

Mr.Childrenのライブでもお馴染みのこの手の振り。
アップテンポな曲で発生しやすいと思うのですが、
Everything(it's you)のサビでもやりますよね?

なんでだろうと思って、
30秒後くらいに答えが出ました。

「ドン!ドン!ステーーーイ!」が気持ち良すぎるから。

「ステーイ!」で感情を発散したくなりますよね。
そこで両手をステージに向かって振るわけです。

この「ステーイ!」は4拍で終わらず12拍分くらい続くので、
両腕を3回振ってしまったらもう引き返せません。
そしてすぐに2回目の「ステーイ!」がくるのです。
ここまでいったらキリのよいサビ終わりまで振り続けるしかありません。

STAYが皆をそうさせた。
じぇんさんの「ドン!ドン!」が
より一層みんなの感情をステージにぶつけたくさせるのだ。



この曲で思い出すことがあります。
いつのライブでだったか、隣の人がこの曲中に遅れて到着しました。
彼女は荷物を床に置いて、上体を起こしたと思った瞬間にこの両腕前後運動を始めたのです。

びっくりしました。
しかも、彼女のそれはまるでウルトラセブンのアイスラッガー!
忘れられません。


そんなことを考えていた朝10時。
つぶやきの補足的に書いておきます。

稲ソロ~en3.5~のじぇんさん 

初の横浜アリーナ、
Koshi Inaba LIVE 2023 ~en3.5~
初日に参加して来ました!

稲葉浩志さんのソロライヴですが、
我らがMr.ChildrenのJenこと鈴木英哉さんが
ドラムとして参加するというのです。
こんなことってある!?

レポは書けるかわかりませんが、
取り急ぎこれだけは言わせてください。


センターステージでした!

機材開放席だったので最悪見えないことも覚悟して参加したのですが、
なんと邪魔な柱など一切ない、360度丸見えセンターステージ!
おかげで足の先から頭の先まで拝めました。
しかも、

ドラム台が回転した…

人力でドラム台が回転する仕様!!!
わろたー!
おかげで後ろ、右、左、正面
あらゆる角度からJenドラムを見ることができました。
なんてドラマーファンに優しいんだ!

そしてJenさんはというと、


裸足でした…

極寒の西武ドーム以来ミスチルライヴでは靴履いてますが、
ひっさしぶりに裸足でした!
これがまず衝撃で、見た瞬間全国のヒデヤーたちに心の中で叫びました。


おまけ
・イスにUNITEのステッカー
・スネアはコパーで通す
・こっそりもぐもぐタイムあった
・電子パッドのバスドラ使いあり


取り急ぎこのへんで。
新鮮なプレイあり、ミスチルを思い出すプレイもあり、
バンドとしても見どころが多く、とっても良いライヴでした!
稲葉さん、オファー出してくれて本当にありがとうございます!


本日2日目は生配信もありますが、
私は延泊で現地参加です。
心して、、、

ごきげんよう